低身長とは?

お子さんのことでは何かと心配されることが多いでしょう。
その中でも身長について不安に思う方が非常に多く、
周囲の子に比べて少し身長が低いということで診察を
受ける親御さんが多いようです。


医学的に低身長とは、平均身長よりも
8割程度低い場合に低身長と言います。
8割りの比率を専門用語では
2SDと言い、標準偏差をSD(Standerd Deviation)
と言います。
標準偏差値は、同じ年の子の平均ではなく
同じ誕生日の子の平均値なのです。
つまり、同じ誕生日の子供が100人が背の順に並んだ場合の
前から2番目3番目の子が低身長に該当します。


低身長の場合、治療を受ければ
改善されることもありますが、
低身長の原因が成長が止まってしまったものなのか?
それとも成長が遅れているのか?
素人判断が難しいので、専門医の診察を受けることを
お勧めします。

成長ホルモン】身長アップの秘訣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。