低身長とは?

お子さんのことでは何かと心配されることが多いでしょう。
その中でも身長について不安に思う方が非常に多く、
周囲の子に比べて少し身長が低いということで診察を
受ける親御さんが多いようです。


医学的に低身長とは、平均身長よりも
8割程度低い場合に低身長と言います。
8割りの比率を専門用語では
2SDと言い、標準偏差をSD(Standerd Deviation)
と言います。
標準偏差値は、同じ年の子の平均ではなく
同じ誕生日の子の平均値なのです。
つまり、同じ誕生日の子供が100人が背の順に並んだ場合の
前から2番目3番目の子が低身長に該当します。


低身長の場合、治療を受ければ
改善されることもありますが、
低身長の原因が成長が止まってしまったものなのか?
それとも成長が遅れているのか?
素人判断が難しいので、専門医の診察を受けることを
お勧めします。

成長ホルモン】身長アップの秘訣

身長を伸ばす運動はあるの?

運動することは身長を伸ばすために必要なのですが、
運動にもたくさん種類があります。
単純に考えて、寝ることは身長アップに繋がるのですが、
良く眠れるような適度な運動というと、山ほどあります。


その中で、特に身長のために良い運動とは、
腰や膝に適度な刺激が加わる運動が
身長を伸ばすことに適しています。
言い換えれば、ジャンプをしたり
膝から下をよく動かす運動が良いでしょう。
例えば、バレーボールやバスケットボール、
そして足を使うサッカーもお勧め競技です。


その証拠に、バレーボール選手やバスケットボール選手は
背が高い方が多いのはおわかりですね
縦方向にジャンプする競技は、特に身長アップに効果のある
運動だと言えます。


他にはストレッチも有効的です。
ストレッチは血行を促進する効果がありますので、
是非毎日の日課にしましょう。

身長にまつわる雑学知識 2

手術をすることで身長を伸ばすことが可能なことは
ご存知でしょうが、身長を伸ばす手術とは
いったいどのような処置を行うのかを説明したいと思います。


身長を伸ばすというより骨を伸ばすということになります。
骨を少し切断し、骨と骨との間に感覚を空け固定します。
そして自然の力で骨が成長するのを待つということです。


この治療法は、数ヶ月いえ数年かかるもので
大変時間がかかります。
結果、骨は伸びますが筋肉や靱帯は骨の成長には付いていけず
大変なことになってしまう恐れがありますので、
骨自体はかなり伸ばすことができるのですが、
筋肉や靱帯のことを考えると、数センチ程度に収めておくことが
賢明だと言えます。


身長を伸ばす手術をするには時間がかかり、そして
保険適用外なので多額のお金がかかるということを
頭に入れて置いてください。

【デルタバランス】身長作りになくてはならない3要素の答え

身長にまつわる雑学知識

身長に関する豆知識として、知っておいて損はないこと!
身長が伸びるとき、音が鳴るということを
聞いたことがありますか?
まさか!と思うでしょうが、
本当に音が鳴ることがあるのです。


身長は寝ている間にぐんぐん伸びていきます。
男子中学生はこの時期が成長真っ盛りといことで、
最も身長が伸びる時期になります。


身長が伸びるということは骨が成長するわけで
骨と骨とのつなぎ目の部分の骨端軟骨が伸びます。
その骨と骨の間にクッション成分があり、
骨が成長することで圧迫され気泡が生まれます。
この気泡がはじけ音が鳴ることがあるのです。


寝ている間に急激に骨が成長するので、
それに合わせ関節の他の部分もも成長していきます。
このときに音が生じることもあるのです。

身長と食事との関係

身長を伸ばすためには栄養をバランスよく
補給しなければいけません。
ただ何でも食べれば良いというものでもなく、
そして何かをひたすら食べればいいというものでもありません。
身長を伸ばすためには栄養のバランスが重要なカギとまります。


健康のためには1日30品目食べましょう!と言いますが、
身長を伸ばすためにも1日30品目を目指しましょう。


そして、3食きちんと食事を摂ることです。
朝ごはんを抜く子供が急増したり、
よくダイエットのために1食を抜くなんて方がいますが、
成長のためにこの行動は大敵だと思ってください。


身長を伸ばすためには、まず適切な食生活を送ることから
始まります。
適切な食生活は身長のためだけでなく、
身体のためにも有効なことですので、
3食バランスよく食事を摂るように
心がけましょう。

成長ホルモン】身長アップの秘訣

身長が伸びる仕組みを知ろう!

身長が伸びるメカニズムを知りましょう!
人は、骨の長さや太さの変化で成長していきます。
私達の身体は、骨で支えられていると言ってもいいぐらいに
骨は重要な役割を果たしています。


身長が伸びると言うことは、
骨が成長しているということです。
このとき、骨の細胞が生まれ変わり、
新しい骨の細胞の成長が増し、そして骨は
大きく太く成長しているのです。


私達の身体には古い骨を溶かす性質を持っており、
古い骨を溶かしたあと骨芽細胞という新しい骨になる細胞が加わり、
新しくより頑丈な骨を作っていくのです。


ですが、身長に関わる骨はこの部分ではなく、
骨と骨の間の骨端線という部分が成長し
身長が伸びていきます。
成長期が終われば骨端線は硬くなり身長の成長は止まります。

伸長の3大要素とは?

背を高くする3大要素というのを聞いたことがありますか?
それは日ごろの生活習慣の中のものであり、
『運動』『栄養』『睡眠』 この3つです。


まず、背を高くするのに運動が必要なわけは、
運動をすると身体の代謝がよくなります。
骨の成長部位である骨端軟骨に刺激を与えることで
骨の働きが良くなるのです。
よって運動は非常に良いことといえます。


次に栄養が必要な理由です。
骨の材料となる栄養素をバランスよく
しっかり補給しなければいけません。
栄養そを補給することで、骨が形成されていくからです。


睡眠に関しては、寝る子は育つ!というように、
睡眠は欠かせないことです。
なぜなら、寝ている間に成長ホルモンが分泌するからです。
別の言い方をすれば寝ている間に背は伸びてる!
ということです。


3大要素のうちのどれかを頑張るのでは
身長は伸びません。
2つをバランス良く保つことが重要なのです。

成長ホルモン】身長アップの秘訣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。